「百段階段」とは通称で、昭和10(1935)年に建てられた目黒雅叙園に現存する唯一の木造建築です。
階段は厚さ約5cmのケヤキ板を使用。 99段の長い階段廊下で結ばれた7つの部屋はそれぞれ趣向が異なり、各部屋の天井や欄間には当時屈指の著名な画家達が創り上げた美の世界が描かれています。

>百段階段の詳細はこちらへ http://www.megurogajoen.co.jp/hyakudankaidan/

>目黒雅叙園への交通アクセスはこちらへ http://www.megurogajoen.co.jp/access/
Copyright©2015 Kaminote-Nippon all rights reserved.