カテゴリー:第一期神の手アーティスト


3/28(木)〜ホテル雅叙園東京の百段階段でさくらをテーマにした企画展に神の手●ニッポンのアーティストが10名結集!

「春・さくら、咲クヤ at 百段階段」

2019年3月28日(木) – 4月21日(日) 会期中無休

日~木曜日 10:00 − 17:00(最終入館16:30)
金・土曜日 10:00 − 20:00(最終入館19:30)

 

 

さくらの名所でもある目黒川沿いに佇むホテル雅叙園東京。

その象徴でもある東京都指定有形文化財「百段階段」にて、

春・さくらをテーマとしたさまざまなジャンルのアートが集う

企画展を開催。神の手●ニッポン実行委員会も協力しています。

 

20のアーティストならびに団体が参加するなか、

神の手●アーティストからは10名が結集。

今年の桜は3月下旬から4月上旬が満開と言われています。

ぜひ足をのばしてください。

 

詳細は、

https://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/sakura2019

 

 

ペーパーアーティスト 太田隆司(神の手●第一期)

 

 

ビーズアーティスト 金谷美帆(神の手●第一期)

 

 

立体切絵 SouMa(神の手●第一期)

★SouMaさんは

「東京ドームシティ ギャラリーアーモ」で個展開催!

2019年3月8日(金)~3月31日(日)

10:00~18:00

場所:東京ドームシティ ギャラリーアーモ

料金:大人800円(前売り600円) 小人200円

*前売券はローソンチケット、チケットぴあ、セブンチケット、イープラスにて販売

主催:株式会社東京ドーム

https://www.souma-wkh.com

 

 

水引工芸家 内野敏子(神の手●第二期)

かご一杯のお花。
今月28日からホテル雅叙園東京の百段階段にて
スタートする 展覧会のためのパーツです。
ここから細かい作業が始まります。

 

 

 

エッグアーティスト 遠藤一恵(神の手●第二期)

 

 

ペーパーアーティスト 中山ゆかり(神の手●第二期)

 

 

シャドーボックスアーティスト 大橋禾苗(神の手●第三期)

百段階段 に出展作品二作目の額装ができあがってきました。

シャドーボックスとしてはとても珍しい額装。和風の趣と現代風にも感じます。

これからほかの作品とも平行しながらの仕上げとなります、

まだ一ヶ月くらいかかりますか、ひたすら桜を散らせて行きます。

 

 

現代切絵アーティスト 中村敦臣(神の手●第三期)

僕も2作品展示していただきます。以下が展示する作品タイトルです。是非会場で探してみて下さい。

1.「ALO和〜意識から切り離された素地からの景」

異国の地からの富嶽。実際には望む事の出来ない景色を心の素地の部分からの景観としてハワイをフィールドに

活動するアーティストTatsuRodoriguezさんと共同制作した作品。

2.「木の花 栄ゆる」
美しく咲き栄える目黒川沿いの木の花(桜)と龍(川)とを神話から現在へ脈絡と続く景色、文化、連続性を根底に描いた作品。

 

 

組み木絵アーティスト 中村道雄(神の手●第三期)

 

 

押絵アーティスト 長峰幸代(神の手●第四期)

 

 

■主  催
ホテル雅叙園東京

■入 場 料
当  日  ¥1,600
館内前売  ¥1,100 ※2019年3月27日まで(10:00 – 16:30)
前  売  ¥1,300
大学生・高校生 ¥1,200
中学生・小学生 ¥600 ※要学生証呈示 ※未就学児無料
※障がい者手帳ご呈示のお客様及び付添者1名様は、

ご優待価格¥1,300でご案内いたします。


5/26(土)23:10〜テレビ朝日「デザインコード」に笹尾真さん出演、また同日より6/3(日)まで広島市にて島木英文さんが個展を開催!

常人には到底想像しえない、秀逸なデザインを生む“デザイナー”に焦点を当てた

人間ドキュメンタリー番組「デザインコード」に、

第3期神の手アーティストの一人、立体切り文字アーティストの笹尾真さんが出演されるそうです。

 

放送は、5/26(土)23:10〜テレビ朝日(関東地域)ならびに

九州地域の一部(福岡県、佐賀県)でもご覧いただけるようです。

 

詳しくはこちらへ

http://www.tv-asahi.co.jp/design/

 

 

また、同日5/26(土)〜6/3(日)、第1期神の手アーティストの一人、遠近法の匠 島木英文さんが、広島市中区の木村兄弟雑貨店にて「ミニチュア・ドールハウス展」を開催されるそうです。

 

入場は無料。島木英文さんの新作「京町家シリーズ」をはじめ、大正屋呉服店(現、広島市観光案内所)、代表作である斜陽館(太宰治生家)等10点と、カサ・デ・トンタ教室の生徒さんたちの作品を中心に20点、計30点の展覧会を広島で初めて行うといいます。

 

島木さんの新作は、前作の「長江家住宅」に続く「京都の町家」シリーズの第2作目。1909(明治42)年に建設された「京都生活工藝館・無名舎(無名舎)」だそうです。

 

京呉服の問屋街「室町」の一画六角町にあり、建物は白生地問屋を商った京商家の典型ともいうべき表屋造り。平成11年に歴史的意匠建造物、平成18年に景観重要建造物に、京都市の指定を受けているほか平成25年文化庁より登録有形文化財に認定されています。

 

詳しくは島木さんのwebsiteへ

http://www5a.biglobe.ne.jp/~tonta/

 


大分県立美術館で好評開催中の「神の手 ● ニッポン展」も、いよいよ1/28(日)まで。会場写真とともにSNSに投稿された感動の声を集めてみました。

今回のNewsページでは、大分で神の手アーティストの手仕事を目の当たりにした方々の

TwitterやInstagramでの感動の声を集めてみたほか、

神の手のスタッフが現地で撮影した写真をお届けします。

 

これからご覧になられる方、どうぞご参考に。

実物を見ると「日本人って凄い!」と誇らしくなったり、

元気をもらえたり、創作意欲がわきますよ。

 

★明日1/22は休展日となります。ご注意ください。

 

●ビーズの織姫 ビーズアーティスト 金谷美帆さんのコーナー

 

●情景王 ジオラマアーティスト 山田卓司さんのコーナー

 

●紙の魔術師 ペーパーアーティスト 太田隆司さんのコーナー

 

●遠近法の匠 ミニチュアハウスアーティスト 島木英文さんのコーナー

 

●立体切り絵のプリンセス 立体切り絵アーティスト SouMaさんの作品も2点展示

 

●ゲストアーティスト 墨絵アーティスト 西元祐貴さんのコーナー

 

以下、SNSから。

 

投稿してくださった皆さま、ありがとうございます!

 


本日より開催! 館内撮影OK!「神の手 ● ニッポン展 Ⅲ @ ホテル東京雅叙園」サイン入り図録の限定販売も!!!

いよいよ本日10時より「神の手 ● ニッポン展 Ⅲ」がホテル雅叙園東京の百段階段にて開催。

 

 

エレベーターを降りると、

谷川俊太郎氏が神の手アーティストのために書き下ろした詩がお出迎え。

この素晴らしい詩を楽しむことから神の手 ● ニッポン展は始まります。

 

 

続いて、第一期 ● 神の手アーティスト、

ビーズの織姫・金谷美穂さんの総ビーズ織り和衣裳「春曙」がご挨拶。

ビーズ数165万2000粒。制作に延べ3年かかったそうです。

 

 

そして百段階段に入って最初の十畝の間は、

シャドーボックスアーティスト大橋禾苗さんの展示。

 

 

欧米諸国で数々の賞を受賞した大作から、初心者向けの小作品まで、

シャドーボックスアートとはどんなアートか?

その魅力と魔法のすべてが俯瞰できる一大展示となっています。

 

 

続いて漁樵の間では、立体切り文字アーティスト笹尾真さんの展示。

 

 

 

平面であるはずの文字が、紙の中から浮き上がったり、

飛び出たり、零れ落ちたりする奇妙さや、

どこか落ち着かない感覚。その不思議さをお楽しみください。

 

 

続いて草丘の間は、神の手第一期ならびに第二期のアーティスト〜

情景王・山田卓司さん、遠近法の匠・島木英文さん、紙の魔術師・太田隆司さん、

郷愁の箱庭師・タカマノブオさんの作品が肩を並べる豪華な一室。

 

 

東京では初公開となる作品もあります。どうぞお楽しみに。

 

 

続いて静水の間では、現代切絵アーティスト中村敦臣さんの作品群。

 

 

 

従来の切絵の世界にはなかった異素材との組み合わせやPOPさ、

そして見つめるほど浮かび上がってくるテーマ性。

技術も凄いのですが、そのことに溺れることなく

独自の世界を切り開いていく敦臣WORLDをご堪能いただけます。

 

そして星光の間では、組み木絵アーティスト中村道雄さんの一室。

 

 

 

奇しくも本日は、宮沢賢治氏の童話を中村道雄さんが組み木絵で描いた

ロングセラー「よだかの星」が出版されて、ちょうど30周年の日。

作品とともに組み木絵の絵本や材料も展示されています。

https://www.amazon.co.jp/よだかの星-日本の童話名作選-宮沢-賢治/dp/4039633806/

 

 

続く清方の間は、神の手第一期ならびに第二期のアーティスト〜

紙の建築家・HIROKOさん、立体切り絵のプリンセス・SouMaさん、

ペーパーアートの妖精・中山ゆかりさん、レザーアートの第一人者・本池秀夫さん、

至宝の編み組みアート・内野敏子さん、エッグアートの玉手箱・遠藤一恵さんの展示。

 

 

初公開となる作品も多数あります。

*HIROKOさんの作品はレプリカ展示となります。

 

 

そして最後を飾る頂上の間は、ペットボトルアートのパイオニア本間ますみさんの息を呑む作品。

 

 

圧巻は、孔雀でしょう。

捨てられるはずのペットボトルが、ここまでアートになれるのか?

その美しさと、博物館でも常設展示されるリアルさに、きっと驚かれるはずです。

 

また、本日12/1と12/4〜12/8の平日6日間、

神の手 ● 第3期アーティスト5名の直筆サイン入り公式図録を

毎日先着5名様に定価にて限定販売いたします。(税込1,080円)

 

 

なお、今回の「神の手 ● ニッポン展 Ⅲ」では、写真撮影が行なえます。

*ただしフラッシュ撮影や三脚を立てての撮影は禁じます。

 

神の手アーティストたちの人間技とは思えない神業をSNS等で広めていただけましたら、

こんなにうれしいことはありません。

 

 

よろしくお願いいたします。

 


「神の手 ● ニッポン展 @長野」本日よりSTART! 神の手アーティストのギャラリートークに大反響!!

本日より、第一期神の手アーティストによる「神の手 ● ニッポン展 @長野」がスタートしました。

神の手●ニッポン展

 

開場10時。オープンから本当にたくさんの方が訪れてくださいました。ありがとうございます!

11時からの紙の魔術師 ペーパーアーティストの太田隆司さんのギャラリートーク開始時には、

すでに写真のような状態。

IMG_6125

太田さんの創作に対する熱い思いや、

「できれば作品をこんな角度から見ていただきたい」という鑑賞の秘訣を聴き、

皆さま頷くばかり。

 

 

続いてビースの織姫 ビーズアーティストの金谷美帆さんのギャラリートーク。
大作がギネス認定される際のこぼれ話などを交えながら、

さすが元アナウンサーです!

IMG_6126

 

最後は、遠近法の匠 ミニチュアハウスアーティスト島木英文さんのギャラリートーク。
講演時によく尋ねられる質問に対する回答をイントロに、

技巧的なことまでわかりやすく説明してくださいました。

IMG_6132

 

ジオラマアーティスト 情景王の山田卓司さんは、

今回はスケジュールの都合でオープニングに立ち会えませんでしたが、

11/3・4にギャラリートークが予定されております。

もちろん、山田さんの作品も大人気!

IMG_6116

Twitterでは、初日からこんな声もTweetされています。

>山岸 平‏ @Yamagis28085172
「神の手ニッポン展」松本アイシティ21

IMG_6072

 

また、第一期神の手アーティストのHIROKOさんは療養中のため作品1点のレプリカ展示、

またSouMaさんは諸事情により作品2点のみの展示となっております。

この場を借りてお詫び申し上げます。

IMG_6029

 

そしてお二人に代わり、スペシャルゲストとして西元祐貴さんの墨絵・陶墨画を展示しております。

迫力の躍動感を目の当たりにできます。(写真は前日設営中のもの)

IMG_6027

 

また、会場外でアーティスティックなグッズをお買い求めいただけます。

IMG_6030

 

オープンの前日夜に開催された懇親会では、

神の手アーティストたちの打ち解けた様子が。

<金谷さんと太田さん>

<島木さんご夫妻>

IMG_6093

IMG_6094

 

実は、神の手アーティストたちは第一期も第二期も、そして12月から始まる第三期も、

みんな仲良しで、気さくな方ばかりです。

 

会場で見かけたら、お気軽に声をかけてください。

作品のことから技術的な面まで、時間の許す限り、誠意を持って回答されるはずです。

 

 

「神の手 ● ニッポン展 @長野」は11/14(火)まで。

駐車場を見ると松本ナンバー以外のクルマも多く見受けられました。

芸術の秋です。お誘い合わせの上ぜひご覧ください。


好評開催中の「神の手 ● ニッポン展 @青森」。本日は会場内の様子や記事のリンクをお伝えします!

昨日よりスタートした「神の手 ● ニッポン展 @青森」。

神の手 ● アーティストの島木英文さんや金谷美帆さんのギャラリートークもあり、大盛況でした。

ありがとうございます!

 

これから行かれる方、新聞やブロガーの記事のリンクや会場内の写真をアップしましたので、ぜひご参考に。

 

主催の東奥日報社さまの記事や動画

 

「神の手・ニッポン」展開幕/青森県立郷土館
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20170708026739.asp

 

ビーズ・金谷さん「驚かせたい」/神の手・ニッポン展
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2017/20170629026438.asp

 

【動画】神の手・ニッポン展が開幕(1:30)
https://www.youtube.com/watch?v=7440t9yUlGU

 


 

【ブログ】金谷美帆*Art Bead アート・ビーズ
「神の手●ニッポン展@青森」にてギャラリートーク
http://blog.livedoor.jp/artbead/archives/cat_50053705.html

 

【ブログ】まんぞうの言葉 Manzo no Kotonoha

http://manzonsen.blog.so-net.ne.jp/2017-07-08

 


 

会場の様子

 

●情景王・山田卓司(ジオラマアーティスト)

 

IMG_5102

 

●立体切絵のプリンセス・SouMa(立体切り絵アーティスト)

 

IMG_5104

 

●紙の魔術師・太田隆司(ペーパーアーティスト)

 

IMG_5106

 

●ビーズの織姫・金谷美帆(ビーズアーティスト)*写真は記者に取材されているところです。

 

IMG_5067

 

●遠近法の匠・島木英文(ミニチュアハウスアーティスト)*写真はギャラリートークの様子

 

IMG_5117

 

●神の手ニッポン実行委員会制作のパネル展示

 

IMG_5105

 

 

 

また、今回の会場の「青森県立郷土館」は、1931年築の旧第五十九銀行青森支店、のちに旧青森銀行本店となっていた建物を改装したもので、国の登録有形文化財にもなっている、大変素晴らしい建物です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/青森県立郷土館

 

「神の手 ● ニッポン展 @青森」は8/27(日)まで。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。


GWに出かけませんか?「神の手 ● ニッポン展@仙台」<入場無料 5/7まで ※5/1は休館日>

市の中心地とも言える青葉区一番町の電力ビル1階で開催中の「神の手 ● ニッポン展@仙台」。

 

早速、新聞にも掲載されました。

仙台・東北電力グリーンプラザで「神の手・ニッポン展」

 

本日は、会場の様子を写真でご紹介します。

入場は無料です。ぜひ、現地で<人間技とは思えない>作品の数々をお確かめください。

 

 

●紙の魔術師 ペーパーアーティスト 太田隆司さんの作品

 

IMG_3830

 

 

●ビーズの織姫 ビーズアーティスト 金谷美帆さんの作品

 

IMG_3852

 

 

●遠近法の匠 ミニチュアハウスアーティスト 島木英文さんの作品

 

IMG_3845

 

 

●立体切り絵のプリンセス 立体切り絵アーティスト SouMaさんの作品

 

IMG_3827

 

 

●情景王 ジオラマアーティスト 山田卓司さんの作品

 

IMG_3835

 

 

●紙の建築家 ポップアップアーティスト HIROKOさん(現在病気療養中)の作品のレプリカ展示もあります。

 

IMG_3847

 

 

●アーティストの思いや作品の見どころがわかるビデオも上映しています。

 

IMG_3846

 

●入り口には「撮影OKコーナー」があります。SNSでの拡散、よろしくお願いいたします。

 

IMG_3854

 

 

★会場へのアクセスは、こちらをご参照ください。

http://www.tohoku-epco.co.jp/fureai/event/oasis.html

 

★5/7(日)まで開催しています。なお、5/1(月)は休館日のため、ご入場できません。ご注意くださいませ。

 

 


いよいよ明日から!「神の手 ● ニッポン展」@仙台 4/25(火)〜5/7(日)開催!<入場無料>

第一期 ● 神の手アーティストによる「神の手 ● ニッポン展」が、

明日4/25(火)〜5/7(日)まで、仙台グリーンプラザ アクアホールにて開催されます。

 

東北初の合同展、入場は無料です。

お近くにお住まいの方は何度でもご来場ください。

 

●仙台グリーンプラザ アクアホール

〒980-0811  仙台市青葉区一番町3-7-1 (電力ビル1F)
TEL 022-225-2969 <開館・お問い合わせ受付時間/ 10:00~18:00>
休館日/毎週月曜日 (祝日の場合は翌日)

 

http://www.tohoku-epco.co.jp/fureai/event/oasis.html

 

スクリーンショット 2017-04-05 14.56.50

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「神の手 ● ニッポン展@大阪あべのハルカス」がYahooニュース(毎日放送)ほかメディアで取り上げられています

Yahooニュース(毎日放送)では、JNN系のニュースで流された43秒ほどの動画をご覧いただけます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-05-15-59-27

 

動画はこちらから>

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170105-00000024-mbsnewsv-l27

 

また、あべの経済新聞にも取り上げられました。

記事はこちらから>

http://abeno.keizai.biz/headline/2383/

 

下の写真は1/3に撮影されたものです。

神の手ニッポン展@大阪あべのハルカスは1/9まで。

どうぞお見逃しなく!

 

img_2849

img_2844

img_2833

img_2828

img_2859


いよいよ明日1/2から「神の手 ● ニッポン展」@大阪 あべのハルカス近鉄本店がスタート、1/2金谷美帆氏、1/9島木英文氏のギャラリートークも!

明けましておめでとうございます。

本年も神の手 ● ニッポン、そして神の手 ● アーティストをよろしくお願いいたします。

 

 

fb1200x630_3-001

さて、明日1/2より1/9まで、大阪あべのハルカス近鉄本店 ウィング館8階 近鉄アート館にて、第一期 ● 神の手アーティスト5作家による60以上の作品を展示する一大合同展「神の手 ● ニッポン展」が開催されます。

 

近鉄本店からの情報やデジタルフライヤーは、こちらから>

https://abenoharukas.d-kintetsu.co.jp/event/1/kaminote_1701.html

 

人間技とは思えない、神の手を持った日本人アーティストたちの合同展「神の手 ● ニッポン展」は、2015年5月より開始。

昨年まで全国で6回開催されており、延べ13万人以上の方々が来場。関西では初めての開催となります。

(数値は「神の手 ● ニッポン展」「神の手 ● ニッポン展Ⅱ」の合計です)

 

 

「紙の魔術師」ペーパーアーティスト  太田隆司氏

 

05_ohta

 

・「東京雷門 西暦2007」「映画館の記憶」など、代表作11作品を展示します。

 

アーティスト紹介は、こちらへ>

OHTA

 

 

 

「ビーズの織姫」ビーズアーティスト 金谷美帆氏

 

08_kanaya

 

・「総ビーズ織り和衣裳<秋来>」「総ビーズ織り屏風<蝶>」など、代表作9作品を展示します。

 

アーティスト紹介は、こちらへ>

KANAYA

 

 

 

「遠近法の匠」ミニチュアハウスアーティスト 島木英文氏

 

07_shimaki

 

・マツコさんも感嘆した「斜陽館<太宰治記念館>」など、代表作14作品を展示します。

 

アーティスト紹介は、こちらへ>

SHIMAKI

 

 

「立体切り絵のプリンセス」立体切り絵アーティスト SouMa氏

 

08_souma

 

・2016年制作の作品を中心に、人気作「記念日」など全13作品を展示します。

 

アーティスト紹介は、こちらへ>

SOUMA

 

 

 

「情景王」ジオラマアーティスト 山田卓司氏

 

07_yamada

 

・TVチャンピオン優勝作品「おつかいのおもいで」をはじめ、1996年〜2013年制作のバラエティ豊かな14作品をご覧いただけます。

 

アーティスト紹介は、こちらへ>

YAMADA

 

 

また、初日1/2にはビーズの織姫・金谷美帆氏、最終日1/9には遠近法の匠・島木英文氏が在廊。以下のスケジュールでギャラリートークを開催します。

 

作家本人から、作品に対する思い入れや制作方法などを直接聞くことのできるまたとない機会ですので、ぜひご参加ください。(各回30分程度)

*下記写真は、神の手@名古屋での金谷美帆氏によるギャラリートークの様子です。

 

IMG_9893

 

金谷美帆:1/2 ①11:00〜 ②15:00〜

島木英文:1/9①11:00〜 ②15:00〜

 

 

なお、1/3には現地から合同展の様子をレポートする予定です。

 

 

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。


Copyright©2015 Kaminote-Nippon all rights reserved.