カテゴリー:第三期神の手アーティスト


5/26(土)23:10〜テレビ朝日「デザインコード」に笹尾真さん出演、また同日より6/3(日)まで広島市にて島木英文さんが個展を開催!

常人には到底想像しえない、秀逸なデザインを生む“デザイナー”に焦点を当てた

人間ドキュメンタリー番組「デザインコード」に、

第3期神の手アーティストの一人、立体切り文字アーティストの笹尾真さんが出演されるそうです。

 

放送は、5/26(土)23:10〜テレビ朝日(関東地域)ならびに

九州地域の一部(福岡県、佐賀県)でもご覧いただけるようです。

 

詳しくはこちらへ

http://www.tv-asahi.co.jp/design/

 

 

また、同日5/26(土)〜6/3(日)、第1期神の手アーティストの一人、遠近法の匠 島木英文さんが、広島市中区の木村兄弟雑貨店にて「ミニチュア・ドールハウス展」を開催されるそうです。

 

入場は無料。島木英文さんの新作「京町家シリーズ」をはじめ、大正屋呉服店(現、広島市観光案内所)、代表作である斜陽館(太宰治生家)等10点と、カサ・デ・トンタ教室の生徒さんたちの作品を中心に20点、計30点の展覧会を広島で初めて行うといいます。

 

島木さんの新作は、前作の「長江家住宅」に続く「京都の町家」シリーズの第2作目。1909(明治42)年に建設された「京都生活工藝館・無名舎(無名舎)」だそうです。

 

京呉服の問屋街「室町」の一画六角町にあり、建物は白生地問屋を商った京商家の典型ともいうべき表屋造り。平成11年に歴史的意匠建造物、平成18年に景観重要建造物に、京都市の指定を受けているほか平成25年文化庁より登録有形文化財に認定されています。

 

詳しくは島木さんのwebsiteへ

http://www5a.biglobe.ne.jp/~tonta/

 


【緊急特報】本日夕方、日本テレビおよびNNN系列各局で放送されているニュース・情報番組『news every.』で、神の手 ● ニッポン展 @ホテル雅叙園東京が生中継される予定です!

 

本日16時20分頃より、

日本テレビおよびNNN系列各局で放送されているニュース・情報番組『news every.』で、

神の手 ● ニッポン展 @ホテル雅叙園東京が生中継される予定です!

 

放映時間帯から察するに「every.キーワード」というコーナーかと思われます。

ニュースや健康・海外情勢に関する話題を解説、一言のキーワードやポイントにまとめ、

その内容を詳しく説明するコーナーのようです。

 

※ただし、事件・事故などで放送内容や放映時間帯が変更になる可能性がありますのでご了承ください。

 

また、関東だけでなく、地方でもご覧いただける可能性があります。

詳しくは以下のリンクをご参照ください。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/News_every.#平日のネット状況


本日より開催! 館内撮影OK!「神の手 ● ニッポン展 Ⅲ @ ホテル東京雅叙園」サイン入り図録の限定販売も!!!

いよいよ本日10時より「神の手 ● ニッポン展 Ⅲ」がホテル雅叙園東京の百段階段にて開催。

 

 

エレベーターを降りると、

谷川俊太郎氏が神の手アーティストのために書き下ろした詩がお出迎え。

この素晴らしい詩を楽しむことから神の手 ● ニッポン展は始まります。

 

 

続いて、第一期 ● 神の手アーティスト、

ビーズの織姫・金谷美穂さんの総ビーズ織り和衣裳「春曙」がご挨拶。

ビーズ数165万2000粒。制作に延べ3年かかったそうです。

 

 

そして百段階段に入って最初の十畝の間は、

シャドーボックスアーティスト大橋禾苗さんの展示。

 

 

欧米諸国で数々の賞を受賞した大作から、初心者向けの小作品まで、

シャドーボックスアートとはどんなアートか?

その魅力と魔法のすべてが俯瞰できる一大展示となっています。

 

 

続いて漁樵の間では、立体切り文字アーティスト笹尾真さんの展示。

 

 

 

平面であるはずの文字が、紙の中から浮き上がったり、

飛び出たり、零れ落ちたりする奇妙さや、

どこか落ち着かない感覚。その不思議さをお楽しみください。

 

 

続いて草丘の間は、神の手第一期ならびに第二期のアーティスト〜

情景王・山田卓司さん、遠近法の匠・島木英文さん、紙の魔術師・太田隆司さん、

郷愁の箱庭師・タカマノブオさんの作品が肩を並べる豪華な一室。

 

 

東京では初公開となる作品もあります。どうぞお楽しみに。

 

 

続いて静水の間では、現代切絵アーティスト中村敦臣さんの作品群。

 

 

 

従来の切絵の世界にはなかった異素材との組み合わせやPOPさ、

そして見つめるほど浮かび上がってくるテーマ性。

技術も凄いのですが、そのことに溺れることなく

独自の世界を切り開いていく敦臣WORLDをご堪能いただけます。

 

そして星光の間では、組み木絵アーティスト中村道雄さんの一室。

 

 

 

奇しくも本日は、宮沢賢治氏の童話を中村道雄さんが組み木絵で描いた

ロングセラー「よだかの星」が出版されて、ちょうど30周年の日。

作品とともに組み木絵の絵本や材料も展示されています。

https://www.amazon.co.jp/よだかの星-日本の童話名作選-宮沢-賢治/dp/4039633806/

 

 

続く清方の間は、神の手第一期ならびに第二期のアーティスト〜

紙の建築家・HIROKOさん、立体切り絵のプリンセス・SouMaさん、

ペーパーアートの妖精・中山ゆかりさん、レザーアートの第一人者・本池秀夫さん、

至宝の編み組みアート・内野敏子さん、エッグアートの玉手箱・遠藤一恵さんの展示。

 

 

初公開となる作品も多数あります。

*HIROKOさんの作品はレプリカ展示となります。

 

 

そして最後を飾る頂上の間は、ペットボトルアートのパイオニア本間ますみさんの息を呑む作品。

 

 

圧巻は、孔雀でしょう。

捨てられるはずのペットボトルが、ここまでアートになれるのか?

その美しさと、博物館でも常設展示されるリアルさに、きっと驚かれるはずです。

 

また、本日12/1と12/4〜12/8の平日6日間、

神の手 ● 第3期アーティスト5名の直筆サイン入り公式図録を

毎日先着5名様に定価にて限定販売いたします。(税込1,080円)

 

 

なお、今回の「神の手 ● ニッポン展 Ⅲ」では、写真撮影が行なえます。

*ただしフラッシュ撮影や三脚を立てての撮影は禁じます。

 

神の手アーティストたちの人間技とは思えない神業をSNS等で広めていただけましたら、

こんなにうれしいことはありません。

 

 

よろしくお願いいたします。

 


12/1開催「神の手 ● ニッポン展 Ⅲ」の予告動画をYouTubeに只今アップ! ぜひご覧ください!

第3期神の手アーティストの作品群を初披露!

 

12/1〜12/24までホテル雅叙園東京の百段階段で開催される

「神の手 ● ニッポン展 Ⅲ」の予告動画をYouTubeにアップしました。

 

 

 

 

MovieTitle.003

 

また近日中に本公式サイトも更新し、

第3期神の手アーティストたちの作品の魅力を紹介いたします。

さらに開催中は会場となる百段階段の各室で、

各アーティストの紹介動画を放映します。

どうぞお楽しみに!

 

 


第3期<神の手アーティスト>決定のお知らせ

14900570_878497332284940_5150970413458866025_n

 

 

 

第3弾<神の手 ● アーティスト>募集にたくさんのご応募をいただきありがとうございます。
厳正なる審査のうえ、以下の5名に決定いたしましたので、ここにご報告いたします。(あいうえお順)

 

 

 

 

 

 

シャドーボックスのトップランナー
大橋禾苗(おおはしかなえ)氏:シャドーボックスアーティスト
http://www.ne.jp/asahi/shadow-box/hanamizuki/

星座のモティーフ3

 

 

立体切り文字の書人
笹尾真(ささおまこと)氏:立体切り文字アーティスト
https://m.facebook.com/sasaopaperwork

FB_IMG_1487027084699

 

 

現代切絵アートの異彩
中村敦臣(なかむらあつおみ)氏:現代切絵アーティスト
http://atsuomi.jp/home.html
https://www.facebook.com/atsuomkirie/

龍『エレガント」

 

 

孤高の組み木絵アート
中村道雄(なかむらみちお)氏:組み木絵アーティスト
http://kumikie.chicappa.jp/kindex.html
https://www.facebook.com/michio.nakamura.79

アートボード 1@3x

 

 

ペットボトルアートのパイオニア
本間ますみ (ほんまますみ)氏: ペットボトルアーティスト
http://masumi-homma.com/
http://www.facebook.com/Petbottlerecyleart/

夏のコピー

 

 

 

 

各アーティストの紹介は、公式サイトならびにFacebookページで順次行っていきます。
合同作品展「神の手●ニッポン展Ⅲ」は、本年秋以降首都圏を皮切りに全国で開催する予定です。
また、「神の手●ニッポン展Ⅲ」では、第1期 ● 神の手アーティスト6名、第2期 ● 神の手アーティスト5名の代表作も展示する予定です。
また、現在、第1期 ● 神の手アーティスト、第2期 ● 神の手アーティストによる全国巡回展も順次開催しております。

どうぞお楽しみに。


あと2日です、「神の手●ニッポン展@名古屋」まで。本日は、次の開催地@宮崎のご案内、第二期神の手メンバーの目黒雅叙園下見&顔合わせ会のご報告、そして第三期アーティスト募集の予告です!

本日は、これからの「神の手●ニッポン展」豪華3本立て。

第一期、第二期、そして第三期神の手アーティストに関するお知らせ&予告です。

 

①次は九州! 第一期神の手アーティストによる

「神の手●ニッポン展」次の開催地は宮崎です。

 

●とき:2016年9月10(土)〜10月10日(月・祝)

●ところ:みやざきアートセンター(入場口5階)

●開場時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)*会期中無休

●アーティスト(敬称略):

・紙の魔術師・太田隆司

・ビーズの織姫・金谷美帆

・遠近法の匠・島木英文

・立体切り絵のプリンセス・SouMa

・情景王・山田卓司

●ゲストアーティスト:

・レザーアートの第一人者・本池秀夫

*紙の建築家・HIROKO氏は病気療養中のため参加できませんが、レプリカ展示を行います。

 

前売券は発売中です。詳細はこちらへ>

http://miyazaki-ac.com

 

来週中に神の手ニッポン公式サイトにてフライヤー等をアップするほか、

イベントやギャラリートーク情報などを随時ご案内していきます。お楽しみに!

 

 

② 東京・目黒雅叙園にて

「神の手●ニッポン展Ⅱ」参加アーティストによる下見会&顔合わせ会が開催されました。

 

今日初めて顔を合わせた第二期神の手アーティストたち5名。

会場となる目黒雅叙園「百段階段」の圧倒的な美空間を見て、新たな作品の着想を得たアーティストもいたようです。

 

下記写真は顔合わせ会スタート時に撮影したもので、

このときの表情はちょっと固めでしたが、終始和気藹々としたムードでした。

 

思えば1年半前、第一期アーティストたちが初顔合わせした時もこんな感じだったと思い出しました。

さて、今日の出会いから、どんな作品が生まれるのでしょうか?

 

IMG_9400

 

 

●アーティスト(敬称略)は左から、

・レザーアートの第一人者・本池秀夫

・立体間取りアーティスト・タカマノブオ

・水引工芸家・内野敏子

・ペーパーアーティスト・中山ゆかり

・エッグアーティスト・遠藤一恵

 

「神の手●ニッポン展Ⅱ」は、目黒雅叙園の東京都指定有形文化財「百段階段」にて、

2016年11月18日(金)〜12月25日(日)まで。こちらも随時最新情報をアップしていきます。

 

「神の手●ニッポン展Ⅱ」の詳細はこちらへ>

http://kaminote.org/future2

 

目黒雅叙園のサイトにも特設ページがあります>

http://www.megurogajoen.co.jp/event/kaminotenippon-2016/ 

 

目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段」についてはこちらへ>

http://www.megurogajoen.co.jp/hyakudankaidan/

 

 

③予告です。いよいよ第三期神の手アーティストの募集が間もなく開始されます。

 

こちらも来週中に応募要項等詳細を公式サイトにアップする予定です。

我こそはという方はもちろん、他薦でも受け付けます。募集開始まで今しばらくお待ちください。

 

 

これからも神の手●ニッポン展を、

そして何よりも神の手アーティストたちにエールを、お願いいたします。

 

 

★おかげさまで開催情報やアーティスト情報がふえてきました。

そこでNews記事のタグを細分化しました。

下記のカテゴリーから会場地やアーティスト名等でも記事をご選択いただけます。ぜひご活用ください。

 

↓↓↓↓↓

 

 


Copyright©2015 Kaminote-Nippon all rights reserved.